サイトマップ(ライブカメラ・記事一覧)はこちら

【海徳海山】基本情報。

【海徳海山】ライブカメラ(衛星画像)
⇩ 最新衛星画像 ⇩雲がなければ、こんな感じで見れます。

【火山名】海徳海山(かいとくかいざん)

【位置】東京から南へ約1,050km。小笠原諸島にある、西之島と硫黄島の中間くらい。

画像
twitter.com/Yokohama_Geo

【特徴】海底火山

基部の直径40km,比高約2,500m で3つの峰から成る。

南にある2つの峰はその位置により,それぞれ東海徳場(水深97m),西海徳場(水深100m)と呼ばれている。

【最近の確実な噴火】

1984年(昭和59年)東海徳場からの海底噴火。
⇩ 浮遊する軽石から水蒸気が立ち上っている

海徳海山|海域火山データベース|海上保安庁 海洋情報部

最近も変色水が確認されていますので、既に噴火しているか、もしくは、今後噴火するかもしれません。

東海徳場からの噴火の可能性が高く、この場所では水深97mと一番浅いので、航行する船や上空の航空機などは注意が必要です。

また、小笠原諸島のこの火山列は、噴火が相次ぎ、確実に活発化していますので、大きな噴火になれば、津波や軽石などの被害も考えられます。

今後も要注目ですね!

タイトルとURLをコピーしました