サイトマップ(ライブカメラ・記事一覧)はこちら

【桜島】2020年6月の噴石、時速540㎞!

山形大の理学部・常松佳恵 准教授の研究発表によると、2020年6月4日の桜島の噴火で3,4kmも飛んだ噴石は、時速540㎞(リニア新幹線並み)で鉄筋コンクリートの屋根を貫通する程であったことが判明したそうです。

桜島における 2020 年 6 月 4 日の噴火による火山岩塊の解析(PDF)

ニュース記事

桜島噴石、落下時の時速は540キロ以上・鉄筋コンクリ屋根を貫通…昨夏の噴火
【読売新聞】 鹿児島市の桜島で昨年6月に起きた噴火で、居住地のそばに落下した噴石は、着地時に時速540キロ以上に達したとみられることが、山形大や京都大などのチームの解析で分かった。JR東海が事業化を進めるリニア中央新幹線並みの速度に

タイトルとURLをコピーしました